2020年05月23日

バーチャルCEO  働く時間は3分の1以下にして、社長は自由を手に入れた  クリス・ダッカー  ダイレクト出版

virtualceo.jpg


   ★本の中身の要約

   INTRODUCTIONより 
自由への旅を始めるあなたに、ぜひ知ってほしい言葉

これからあなたが自由への旅を始めるにあたって、
次の言葉をぜひ覚えておいてほしい。

 ローマは一日にして成らず、たった1人でも成らず!


今まで何でも自分1人でやってきたのに、
その考え方を変えて、人に仕事を任せられるようになるには、
多少の時間がかかる。

この先、VAにアウトソーシングするビジネススタイルに
慣れてくれば、
最初は難しそうに思えるアイデアや戦略があったとしても、
どんどん活用できるようになる。

あなたのニーズに合わせたカスタマイズもうまくなるだろう。

   本書を読み終わる頃には、
「働きすぎでストレス過多の起業家」から
「自由でエネルギッシュな起業家」へと
変わっていくための青写真が
きっと見えているはずだ。

  仕事にコントロールされている状態から、
コントロールする側になれる見通しが立って、
ビジネスを大きく成長させていく楽しみに胸が躍るはずだ。

あなたは初めて自分でビジネスを起こした日の、
あの高揚感を今でも覚えているだろうか?

いつもエネルギーに満ち溢れ、
仕事をするのが楽しみで仕方がなかった日々。
ビジネスのアイデアがどんどん湧き出してきて、
会う人会う人に興奮気味に話していた日々……。

  本書を読んで実践すれば、
あの頃の情熱をきっと取り戻せる。
起業家として、
あなたの人生最高の成功を収めるための
準備を整えることができる。
その準備には、バーチャル・アシスタントが欠かせない。

あなたを支え、
ビジネスの成長を支えてくれる
「チーム」を築き上げた先に、
成功が待っている。

それでは、早速授業を始めよう。
 ⇒バーチャルCEO  働く時間は3分の1以下にして、社長は自由を手に入れた  クリス・ダッカー  ダイレクト出版



   ★働く時間を3分の1以下にして、ビジネスを成長させる方法

   もし、あなたが
1人で何でもできてしまう生粋の
起業家・経営者なら、この本は重要です。

なぜなら、
あなたの働く時間を3分の1以下にしながら
ビジネスを成長させる方法をご紹介するからです。

それが新刊本「 バーチャルCEO 」のテーマです。


  著者の名はクリス・ダッカー。
2008年にコールセンター業務を始めた
生粋の起業家です。

彼は当時まさに自分のことを
1人で何でもこなせる人間
だと思っていたそうです。

事実、1人で何でもこなしていました。
そして、彼の賢明な努力により会社は
従業員7人から75人まで成長したのです。

  しかし、一方で、
彼の働く時間は
1日16時間にまで増えていました。

もちろん、
それに伴いストレスも
少しずつたまっていきました。

  そしてある日、、、
彼はふと”あること”に気づきました。
それは、、、

”自分は仕事をコントロールしているつもりだったが、
本当は仕事にコントロールされていた”
ということです。

彼がいなければ会社は回らない。
そして、成長しない状態だったのです。
つまり彼は、経営者失格だったのです。

そうして彼は
自分をクビにすることを決意したのです。
その結果2010年には、、、

  1日16時間働いたのが
1週間で8〜16時間働けば良い状態になったのです。
彼は自由を手に入れました。

ほんとうの意味で
仕事をコントロールできる
経営者となったのです。

  では、彼はいかにして、
週1日、2日働けばいい経営者になれたのか?
こちらの書籍にその答えが載っています。
 ⇒バーチャルCEO  働く時間は3分の1以下にして、社長は自由を手に入れた  クリス・ダッカー  ダイレクト出版



   社長を雑務から解放して
アルバイトに引継ぐ前代未聞の
『1人バイト総務部立ち上げサービス』。

そんな変わったサービスが
秋から始まるようです。
※ヒーズ株式会社が提供


   簡単に言えば、
「雑務は全て時給1000円のアルバイトにやってもらい、
社長が社長業に集中できる体制を3ヵ月で整えますよ!」
というものです。

確かにこういうサービスは
今の時代に必要なのかもしれませんが、
利用する場合は注意が必要です。

なぜなら他人に業務を
任せるということは同時に
リスクを背負うことにもなるからです。


 ・この業務を他人に任せたら
 顧客や見込み客との関係に
 どんな影響がでるだろうか?

 ・コスト優先ではなく、会社として
 達成したい成果を一番に考えて
 委託を決断しているだろうか?

少なくともこの二点を考慮せずに
仕事を他人に任せるのは大変危険です。

  ちなみにこの二つのポイントは
今回ご紹介する新刊本『バーチャルCEO』
に書かれている内容になります。

もしあなたが今後、会社の業務の一部を
外部に任せていこうと考えているなら、
この本だけは是非目を通しておいてください。
 ⇒バーチャルCEO  クリス・ダッカー



   ★「経営者=特殊なクモに腕を噛まれた高校生」

   LINE株式会社の元CEO
森川亮氏が
初著作の中でこんなことを言っています。

「あれもこれも全部やるのは、
戦略ではない。
経営はわかりやすさが大事」

「本当に大切な1%に100%集中する。
シンプルに考えなければ、
何も成し遂げることはできない」


  これらの言葉は
多くの経営者にとって
耳が痛くなる話ではないでしょうか?

・ついつい色んなことに首を突っ込んでしまう
・自分でやった方が早いと思う
・忙しく仕事をしていれば、いつかそれが報われると思ってしまう

  しかし、真実は違います。

言ってみれば経営者・起業家とは、
「ある日突然放射能を浴びたクモに噛まれて、
スパイダーマンになった高校生」と同じです。

何かの拍子に、新製品や新サービスを生み出してしまったとか、
実家の事業を引き継ぐ事になったとか、
あるいは会社をクビになったとか。

そういったことがきっかけとなり、
あなたは経営者・起業家として
「ある種の能力」を手に入れてしまったのです。

 ・他の人が気づかないチャンスに気づく力
 ・1日14時間労働を続けるエネルギー
 ・初対面の人にアイディアを売り込む度胸、など

  ただ、こういった特殊な能力は同時に
あなたの足をひっぱる元凶
にもなります。

なぜなら
「一人でなんでもできる」と
過信してしまうからです。

そうなればあなたは
「スーパーヒーロー症候群」を患う
起業家の仲間入りをしてしまうでしょう。

  何もかも自分でやろうとして、
忙しさで身動きがとれなくなり、
自由もエネルギーもどんどん奪われていくのです。


  そうなってしまう前に、
是非一度読んでいただきたいのが、
今回ご紹介する新刊本『バーチャルCEO』です。

インターネットを使っていかに
業務をアウトソーシング化し、
スタッフを指導・管理していけばいいのか?

  忙しい経営者が売り上げを維持しつつ、
自分の時間を作っていくために
必要なことが全て書いてある最高の手引書です。

機会があれば
ぜひ一度読んでみてください。
 ⇒バーチャルCEO  働く時間は3分の1以下にして、社長は自由を手に入れた  クリス・ダッカー  ダイレクト出版



   ★この本の著者紹介  クリス・ダッカー(Chris Ducker)

   クリス・ダッカーは、アウトソーシングやバーチャル・スタッフ問題の第一人者として大きく注目されている
「バーチャルCEO」(バーチャル・アシスタントを活用して、効率よくビジネスを運営する経営者)だ。
英国出身の連続起業家(訳注:シリアル・アントレプレナー。新しいベンチャーを次々と立ち上げる起業家)で、
2000年以降はフィリピンで暮らしている。

  現在はコールセンター、VAの斡旋サービス、スタートアップ起業家のための
コワーキング・スペース(訳注:異なる職業の人々が同時に利用できる共有オフィス)と3つの事業を運営しながら、
数々の国際会議で基調講演を行い、ブロガー、ポッドキャスターとしても活躍している。

  これまで電子書籍は多数出版してきたが、本書は、著者にとって初の「紙」の書籍となった。
アウトソーシング業界で10年以上にわたり、何千人ものバーチャル・スタッフと仕事をしてきた経験や知識が、すべてこの本に集約されている。

現在も、家族とともに暮らすフィリピンでビジネスを営みながら、世界各地を飛び回って忙しい日々を送っている。
もしよかったら、Twitter で著者(@chrisducker)に直接連絡をとってみてほしい。いつでも歓迎している。



   ☆カスタマーレビュー

  私も切り替えました By はな

私は個人事業主です。
以前から似たような本を読んだことがありましたが、アシスタントを迎えることに気持ちが向きませんでした。
ですが、バーチャルCEOを読んで直ぐに必要なことが分かり、早速アウトソーシングできる部分を実行しました。
日本にもVAが欲しい人、またVAなら働ける人は多いと思います。
搾取されない形で、個人秘書のVAさんが増えればお互いにwinwinになると思います。

話はそれましたが、やるべきことが直ぐに落とし込める良書でした。


  毎日、「仕事が進まない」と嘆いている方にお勧めです By 雷道輝一

*この商品のオススメできる点
自分が持っているリソースが足りないと、ストレスを抱えている方にとっては、目から鱗です。

*オススメできない点(弱い点)
敢えて言うなら、あなたの悩みにマッチしないかも知れません。特に、あなたにコンサルタントが居ない場合は、それを探しましょう。

*他とは違う点
JVする上で、どんな職業の人が何をしてくれるかを明確にしてくれる手がかりとなります。

*どんな用途に使えるか
JVするには、どのような順番で動いたら良いのが分かります。

*どんな人に役立つか
仕事の方向性が、明確になっている方。


  経営効率について再認識された By 中田
私は個人事業主です。

今まで、全ての業務はほぼ一人でしていました。
一人で業務をこなせば余計な経費がかからず、利益を最大化できると思っていました。

しかし、バーチャルCEOを読んで考えが変わりました。
いかに人を使うことによって(言い方が悪いですが、、、)自分の業務を減らせるかがこの本のポイントとなります。

この本では、お金をかけずにどうやって優秀な人を雇えるか、雇った人との接し方や業務の任せ方などについて書かれています。

業務が減れば自分への負担も減りますし、浮いた時間を好きなように使うことも可能となります。

私自身、人に業務を任せるという考えが今までありませんでしたが、これからは人に業務を任せようと前向きに考えたいと思います。

個人でビジネスをしていない人でも、例えば時間効率を意識している方、管理職や組織活動などをしている方にもこの本をオススメしたいです。








   【 ルパン三世のテーマ '79 】 エレクトーン演奏 Lupin the Third  826aska






posted by 副収入ガイド at 13:34| Comment(0) | 副業起業情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。